スポンサーサイト

2016.05.05 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    アリス お茶会へ呼ばれる

    2015.06.16 Tuesday

    0
      JUGEMテーマ:スナップ
       





      DSC06395-11.jpg


      日本に住む英国人貿易商のお宅の







      DSC06398-11.jpg


      アメリカ土産だというティセットでお茶を呼ばれる








      DSC00114-11.jpg


      日本式に靴を脱いで...

       




       
      6/7 山手西洋館・ベーリックホール (横浜市)にて。
      1・2枚目 SONY α6000 × NOKTON 40/1.4
      3枚目のみ 234番館にて来館者のコドモ靴を^^; SONY α7II × FE55/1.8








       
      2枚は角度補正したら
      切れたorz
      なーにやってんだか...

      センスのカケラも持ち合わせてないワタシには
      やっぱり洋館は無理だな...





       

      スポンサーサイト

      2016.05.05 Thursday

      0
        関連する記事
        コメント
        楽しいっ!3枚目は別の場所で撮ったんだー。そして一つのお話に仕上げちゃうところ、a-kkieeさんらしいな♪
        二枚目のテーブルセットは、目がチカチカしそうに眩しいね〜。チェッカーの床は見たことあるけれど、チェッカーのティーセットは初めて。こんな洋館が横浜にはあるんだぁ。実際に生活空間として使われていた時代もあるんだよね?
        ◆ papricaさん

        コメントありがとう。
        そう、ここではチェッカーの床もよく見えるアングルで、もっともっとチカチカする感じに
        撮るべきだったみたい。
        ネットに挙がっていた他の人の撮った写真を見て気づく始末。
        英国人の貿易商、というところは事実だよ。実際に使われていた時代があったようです。

        なんというか...お花と器(それも自分の趣味ではないモノたち)のイメージフォトって苦手。
        オチのある話が思い浮かばないと撮りづらくて。しかも今回はちゃんとオチてないし。(苦笑)
        今日はこちらにお邪魔させていただきました!
        1枚目、2枚目がα6000なんですね! すごく明るくて、引き込まれる写真です。私も頑張ってはいるんですけど、なんかくすんだ色から脱却できません。
        2枚目みたいな写真、いつかは撮ってみたいのですけど…。NOKTON 1.4というレンズ、知りませんでした。難しそうですけど、薄型でカッコイイ。私にも使えるかなあ…。

        それにしても、ストーリー性のある構成、お見事です!
        • by icofit
        • 2015/06/17 11:25 PM
        なんか夢に出てきそうな感じやねぇ。
        うさぎの袖からお茶出てきたらうさぎの匂いするんかな(コラー)
        これってそういう館なの?
        アッキーがチョイスしてお話になってるんだよね、すごいなぁ。
        アッキーのそのセンスがkaottiにひとかけらでもあれば。。。と思うよ〜
        英国にアメリカ、それに日本式 世界周ってるね^^
        ◆ icofit さん

        いらっしゃいませ〜 こちらも見てくださってありがとうございます。
        西洋館の床や家具は重厚で暗い色が多いのですが、
        イベント展示の時は花や豪華な食器が溢れてカラフルなのです。
        ノクトンで撮ると派手ながらもどこか抑えたレトロな感じになるのが好きで、
        洋館ではこれを使いたくなります。
        被写体との距離を目測するところから始めるマニュアルレンズも、たまには楽しいですよ〜

        現場を見ているワタシにしか分からないような強引なまとめ方なのに、
        見てくれる方が想像力を駆使して頑張ってついてきてくれます。(笑) 有難いことです。
        ◆ カオッチ

        ギャハハ どんな匂いだっけな。やたら重くてあったかくて、結構強情だった記憶あり。(笑)

        今季の全館共通展示テーマは「世界のおもてなし」で、館によって欧米風だったり台湾風だったり。
        派手なテーブルセットの置いてあるサンルーム、普段はシンプルな籐椅子のセットが置いてあるんだ。
        小さいけどド派手な家具は作家さんの持ち込みなのかも?
        この館の展示はアリスでもなんでもないテーマだったけど、何となくアリスっぽいと決めつけてみました。(笑)

        ラストの、展示と関係ない子供靴は、作られた展示と現実的な1枚を混ぜたらどうなるかなぁ?って
        ちょっとした興味があって。もっと自由なアングルで撮りたかったけど靴箱の上だったからね〜残念orz
        それにしても、みんなよくワタシが表現したかったことが分かったね、びっくり。
        そして感謝デス<(_ _)>
        横浜の洋館、一度お呼ばれしたいわぁ〜
        なんかとっても明るくて清潔な感じw
        描写も細密で素敵やなぁ。
        こういうところって、じつは暗くないんですか・・?
        三脚要ったりして。
        いっこもブレてないのんがすごい^^
        洋館と聞くとホラー映画に出てくる洋館を
        思い出すのは僕だけ?
        二枚目のお写真すきだなァ
        此処で出される紅茶とケーキで、まったるく過ごして
        見たいと思いました

        ◆ ぽとすさん

        ぜひぜひ一度いらしてくださいな^^
        イベントの開催時に合わせて日程に余裕をもっていらしてくださいね。
        もしも気に入ったら、とてもじゃないけど1日(16時半には閉まるかも?)では足りないから。
        次回はハロウィン、クリスマスと続きますよ。

        そう、ほとんどが暗いです。でもこのベーリックホールだけは明るいんですよ。
        2枚目はサンルームなので特別に明るいです。
        1枚目は同じ館の2階のコドモ部屋の本棚ですが、これはISO800なんですよ。
        ブレてなくても、被写体が切れてしまってはしょーもないですね〜
        これ一枚しか撮ってなくて。ワタシがどくのを待ってる人がいて、無言の圧力に諦めちゃった。
        気が小さいもので。(笑)
        ◆ たにやんさん

        こーもりがぶら下がっていて、ドアがギィィーて開くやつでしょ?(笑)
        横浜の西洋館群はほとんどが駐在員や貿易商などの屋敷の復元保存なので、
        重厚かつ豪奢ですよ。
        たにやんさんには特別に、しゅわっとする液体を用意しておきましょうね。
        ピッチャーで。(笑)
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL