スポンサーサイト

2016.05.05 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    赤い河の流れは

    2014.09.26 Friday

    0
      JUGEMテーマ:




       

      DSC03343-22.jpg

      ふつふつと湧きだす赤が

       





      DSC03816-11.jpg

      きらきら跳ねながら

       





      DSC03406-11.jpg

      どうどうと音を立てて集まって

       





      DSC03888-11.jpg

      とうとうと流れ流れていく

       

       
      全て α7_FE70-200/4




      メインブログでの川のテーマを受けて。
      あと1回、彼岸花続きます。




       

      スポンサーサイト

      2016.05.05 Thursday

      0
        関連する記事
        コメント
        この場所、以前にも見せてもらったよね? 覚えてるよー。
        今年の赤の表情は、今までと少し違って見えるのは気のせいかな? 何かが少し違うよっ!それって、a-kkieeさんの内なるものが違って現れているのかなぁ。
        特に一枚目の色合いは今までに見たことがないような感じがする。上手く言葉にできないのがもどかしいです。人が全く入っていないのは、朝一で出かけたから? 
        カナダでは見かけない曼珠沙華。見せてくれてありがとう〜。
        紅いキラキラが眩しいような気がします
        2枚目は、楓?にピントを合わせ、曼珠沙華をぼかしたシヨットが
        憎い演出です。
        こんだけ生えてるとほんとに見応えありですね。
        私まだ彼岸花の群生って見たことがないので
        一度出会ってみたいものだと思います。
        河の流れ…行きつく先はどんな世界なのでしょう(^−^)
        ◆ papricaさん

        そうだよ、同じところ。今年で5回目。
        毎年秋のお彼岸±5日で咲き始める律義な花なんだ。
        構図的には進歩がなくて同じようにしか撮れないけど、
        光の感じや赤の諧調の出方は毎年違った画が出てくるよ。
        1枚目はまだ5分咲きの一画を撮ったもの。朝の光っぽくなるように意識しました。

        朝6時きっかりに電車に乗っても着くのは8時。9時になると人の姿も目立つようになるの。
        それ以上早く出ても電車の乗り継ぎが悪くなるだけで、なかなか大変です。
        ◆ たにやんさん

        少し曇り気味の方が白とびしなくて撮りやすいけど、キラキラ感も犠牲になりますね。
        今年は曇りの日とよく晴れた日の2回行けたから、出てくる絵が違って楽しかったです。

        カエデに合わせてみましたよ。ありがとうございます。
        組写真の時はハズしの一枚を入れることで、リズムが出るような気がして^^
        ◆ ぽとすさん

        田んぼの畦道にズラッと生えて赤いラインで縁取りされているのも
        一度撮ってみたいとは思うのですが。
        京都の「ワタシの池」の西側もきっとそんな感じなんだろうなぁ。

        河は流れて海へその後は空へ。でまた小さく沸いて流れて河になるのでしょう。
        生まれ変わりながらずっと流れていくのかも。
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL