スポンサーサイト

2016.05.05 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    ガチにゆる鉄〜多摩川ゆる鉄教室

    2014.03.08 Saturday

    0

      地元の電鉄系百貨店主催の『カメラ女子集合!「第2回多摩川ゆる鉄写真教室」』に参加してきた。
      講師は鉄道写真家で甘党の中井精也先生。
      高倍率だったろうに、昨年9月の1回目に続きまたもや当選〜♪
      元ジョシで今はおっさんでもつまみ出されることはなかった。
      1回目に比べて若干年齢層が上がっていた気が...(笑)
       

       

      誰だ?雨女は?!

      P3029209a.jpg


      雨、冬枯れ、工事車両 という三重苦...
      当日、撮影ポイントはこーんな状況だった...orz
      (鉄橋のそばのグループは教室参加者ではありません)

      前日から降り続いていた雨。
      女子限定の単発教室で、参加者25名全員が防滴仕様のカメラ(とレンズ)なハズ、なかろ?
      きっと中止だろうなーと思ってたんだ。


      でもな。


      やりおった...orz
      河原に到着したら周囲のジョシが次々支度を始める。
      雨合羽(コンビニで売ってるペラペラの)をかぶって、カメラとレンズはタオルでぐるぐる巻き。
      え?ズームは諦めるとしても、胴鏡が回転してピント合わせるAF機構だったら
      合わないよね?!
       
       

      ちなみに前回はこーんな感じだったのだ

       P9212213a.jpg

      天気と季節が違うと、こうも印象が変わるんだ

       
       
       
      先生は多くの鉄道写真フアンに知られるお嬢さんを連れてきていた。
      最悪のコンディションでの河原撮影の、添え物になればと先生の気遣い。
      寒い中、土手向こうへ立たせて先生が笑いを交えて指示を出す...

       

      ひなのー しゃがんでみてー  傘をさしてみてー

      P3029260a.jpg

      ハーイ  電車、きまーす


       


      でもな。

      このシーンでこっち向いてる女の子って、物語を想像しにくいな、
      そう思ったらもう興味が持てなくなってしまった。
       



      P3029273a.jpg

      ひなのちゃん お疲れ様
       


      用意された設定で黙々と撮る他の参加者に感心しながら、ワタシは全然気乗りせず。
      心の動かない、他人がお膳立てしたシーンでの撮影がこれほど苦痛とは、思わなんだー
      このモデルさんシーンでは、他の方も似たり寄ったりの画を撮っていたけど、
      重機の目立ち具合、手前のボーボーの枯れ草の暈し具合が違う程度。
      機材の違いとか立ち位置の違いの方が顕著だったかも。

       


      中井先生に講評してもらうために提出した2枚はこれ

      P3029351a.jpg



      P3029346a.jpg

      社会派だねー と先生
      苦笑いしてたっけ...


       

      結局、他の方たちのように詳しくダメ出ししてもらえなかった。
      教室の趣旨と大きく外れたやる気のない写真を出したのが、分かっちゃったのかもね。

      なぜこんな汚いモノクロにしたかって?
      多摩川の河原が汚くて(ゴミがすごい)、カラーで撮りたくなかったんだ。
      さらに、レンズ前とレンズ保護フィルターの間に結露発生しちゃってて
      AFが効かなくなってしまった。(乾かしたら無事復活)
      フィルターとの隙間の温まった空気が一挙に冷えたんだね。
      せめて、鳥を形の良いところで止められたらよかったなぁ。
      あの状況でマニュアルじゃぁ無理か。


      なんか...クラスでひとりだけ宿題を仕上げてこないダメ生徒みたいだった...orz

      次の記事につづく)
       

      全てE-5×12-60SWD


       

      スポンサーサイト

      2016.05.05 Thursday

      0
        関連する記事
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL